お電話での問い合わせ

050-8881-1377

学童保育所:D様

保護者満足度が高まり、職員のやる気につながりました

ICTシステム・GAKUDOUを導入して学童保育のICT化を進めている学童保育所様にお話をききました。 
保育施設に併設している学童保育所C様。 
ICTシステムを利用して子どもたちの様子をマメに配信することで保護者満足度が向上したとのことです。

ICTシステムを導入したのはどのような目的からですか?

保育園を卒園していった子どもたちを預かる施設を作ってほしいという要望から作ることになった学童保育施設ですが、保育園以上のノウハウがないため事務作業も煩雑になり、支援員や指導員があまり子どもたちにふれあえない状況にありました。
保育施設側ではICTシステムを導入していましたが、活かし方がわからずにおり、卒園児の保護者から同じシステムを導入してはどうかと進言してもらったのがきっかけです。雑務が多すぎて保育ができないという職員も多く、その不満を解消するために導入しました。

GAKUDOUを導入してから変化した点などございますか?

格段に雑務が減りました。入退室管理もこれまでは紙のリストに手書きをしていたのですが、ICカードで1秒で終わり、自動的にリスト化されます。
紙のノートでやりとりしていた連絡帳も小学生になるとほとんど利用していなかったのですが、本当に必要なときにどこにいったかわからない、親子で探して書いて、子どもが学童保育所で出し忘れていた、学校に忘れてしまった、など保護者がイライラしてしまう原因になっていたので、保護者向けのページでメッセージのやりとりができてその不満も解消されました。
言った言わない、書いた書いていない、などの水掛け論もなくなったので、保護者とのコミュニケーションもスムーズになったと思います。
本当にHoicが学童向けのシステムを配信していること教えてくださった保護者には感謝しています。

導入現場スタッフ様の反応はいかがでしたでしょうか?

保護者とのコミュニケーションがスムーズになり、ストレスが減ったという声はよく聞きます。
やはり自己主張が強い保護者とのやりとりは神経を使うため、メッセージでのやりとりで直接関わることも減り、出勤が嫌になるスタッフも減ったようです。
なによりもクレーム対応に追われていたスタッフが子どもたちとの関わりが多くなったことで、やりがいを感じているという嬉しい声が聞こえてきました。
スタッフがやりがいを感じているということは子どもたちに対してプラスに働いていることでしょうから、運営側としても社会貢献を実感しています。

導入後保護者様の反応はいかがでしょうか?

必要以上に学童保育に滞在していた保護者は減り、逆に気配を消すようにしていた保護者が支援員に相談をもちかけている姿を見るようになりました。
メッセージのやりとりのため、相談しやすく、また子どもの様子も画像を使ってマメに配信しているため、保護者の信頼度、満足度が向上していることが感じられます。
いつも不機嫌な様子だった保護者が朗らかにスタッフとやりとりをしているところをみると、導入は成功だったと思いました。
保育園からそのままスライドするようにシステムを利用しているので保護者の負担は特にないと思いますし、戸惑いもそれほどなかったのではないでしょうか。学童施設での様子を画像でお伝えすると、家庭での様子を画像で伝えてくださる保護者もいらっしゃるようです。

ICTシステムを導入する、使用するにあたって苦労された点はございますか?

もともと併設している保育施設でHoicを使っていたため、サポートの方にGAKUDOU導入の相談するだけであとはスムーズにいきました。これまでより子どもたちもスタッフも居心地がよい学童保育の施設に変化できたので、子どもたちが成長するためにもっと貢献していきたいと思います。

今すぐ電話相談

050-881-1377

お問い合わせ

資料請求